医療保険の入院日額はいくら?かかる医療費から考えてみよう

医療保険について ,

1日あたりかかる医療費の自己負担金額は?

保険会社の医療保険や医療特約を契約する際、1日あたりの日額を決めて契約することになります。

そのためにも、1日あたりの自己負担費用を知ることは、契約時の金額決定の参考になるでしょう。

生命保険文化センターが「直近の入院時の自己負担費用」について調査したところ、1日あたりの自己負担費用の平均は14,700円となっています。

費用の分布を見てみると「10.000円~15.000円未満」が25.9%と一番多くなっていますが、「20,000円以上」も21.7%と高い割合を示しています。

直近の入院時の自己負担費用 「1日あたりの自己負担費用」 〔過去5年間に入院した人の自己負担費用〕

<生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/平成16年度>
※ 食事代や差額ベッド代等を含む。高額療養費制度による払い戻し前の平均。

 

医療保険への加入傾向は?

この金額は特に決まりがあるわけではなく、本人の価値観や保険料の支払能力などによって決まってくると思われますが、一般的にはどのくらい加入しているのか見てみましょう。

生命保険の入院の保障に加入する際には、1日あたりの日額を決めなければなりませんが、いくらにするか多くの人が悩むところ。

まとめると、男性は入院日額1万円。女性は8千円ほどの設定で加入している人が多いようです。

生命保険文化センターが「疾病入院給付金の日額」について調査したところ、15年前の昭和62年では男性7,300円、女性5,500円だったものが、徐々に増え、平成16年では男性10,500円、女性8,200円となっています。

男女とも4割以上増えたことになります。

医療保険について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

同じカテゴリーの記事5件